セリーヌ長財 布ラ ウン ドフ ァス ナー
null
null 平隊士で大坂浪人野村利三郎。  近藤、歳三と同郷でしかも土方家の遠縁にあたる松本捨助。  これらが、 「流山で旗揚げですか」  と目をかがやかせた。  隊旗も用意した。赤地のラシャに「誠」の一字を白で抜いたものだが、鳥羽伏見の硝煙でひどくよごれている。 「そいつは行李にしまっておけ」  と近藤はいった。このさき、官軍に新選組であることを明示するのは得策ではなかった。 「いや、|樹《た》てましょう」  と斎藤はいった。士気がちがう。威武もちがう。江戸の府外の一角に新選組の旗がひるがえるのは、関東男子の壮気をかきたてるものではないか。 「いやいや、しまっておけ」  三日目に、出発した。近藤は馬上。口取りは京都以来の忠助である。墨染で死んだ久吉から二代目の馬丁であった。  千住大橋をわたれば、もう武州ではない。下総の野がひろがっている。  ほどなく松戸の|宿《しゆく》。  幕府は開創以来、ここをもって水戸街道の押えの要衝としたもので、御番を置いてある。宿場も、江戸の消費地をひかえた近郊|聚落《しゆうらく》だから、人口は五千、繁華なものである。  近藤がこの宿に入ると、いつどこで知ったのか、松戸の宿場役人をはじめ土地の者が五十人ばかり、宿場の入口で迎えてくれた。  旅籠で昼食をとると、流山のほうからもぞくぞくと迎えの人数がやってきて、たちまち二百人ほどの人数が、土間、軒下、街道にあふれた。  無論、流山に先着している歳三の|手配《てくば》りによるものだが、賑やかなことのすきな近藤は、すっかり元気をとり戻した。