オンラインショッピングをルイヴィトンダミエ財布コピー|ヴィトン ダミエ バッグ,ルイヴィトンダミエ財布コピーの十大ブランド|ネット上で買ってルイヴィトンダミエ財布コピーどこが一番いい 承担各种规模的工业与民用建筑设计,市政设计、城乡规划设计,景观设计、装饰设计和工程勘察等...


2015-02-07 11:42    ルイヴィトンダミエ財布コピー
 その言葉に彼女は冷笑を浮かべた。 「生態系の頂点に立っていたが、我らの眷属《けんぞく》はいかなる種をも滅ぼしていない。人を食うのも単なる捕食にすぎない」  ふと、裕生はさっきの会話を思い出す——そういえば、妙なことを言っていた。この世界へ逃げてきた、と。 「逃げてきたって、なにから逃げてきたんだよ?」  生態系の頂点に立つ、とたった今言ったばかりだ。だとしたら、逃げる必要などなかったはずだ。突然、相手の体がぶるりと震《ふる》える。まるで質問の答えを避《さ》けているようだった。 「お前が知る必要はない」  夕紀《ゆき》の周囲を埋め尽くしている無数の黒い虫が、一斉にかさかさと動き始めた。移動しているのではなく、激《はげ》しく体を震わせている。薄暗《うすくら》がりの中で見ると、床そのものが震えているように見えた。なにかが起ころうとしている。裕生は後ずさりをしようとした。 「……やっぱり」  誰《だれ》かの声が聞こえる。裕生は背後の暗闇《くらやみ》に目を凝《こ》らした。 「やっぱり、来たんですね」  廊下の向こうから、葉《よう》の姿が現れる。彼女はその向こうにいるヒトリムシの群れにも、今や完全に操《あやつ》られている志乃《しの》にも目を向けていなかった。  裕生だけを見ていた。 「わたしは一人で良かったのに。一人で来たかったのに」 「雛咲《ひなさき》、なに言って……」 「やはり貴様《きさま》か」  志乃が言葉を発する。どことなくその声に怯《おび》えが混じっているようだった。 「我らの楽園を滅せし、我らの眷属にして我らの天敵《てんてき》」 「わたしは」

最新情報

ランキング